婚活アプリで知り合った女性に睡眠薬→準強制性交容疑で会社経営の男を逮捕

 スマートフォンの婚活アプリで知り合った女性に睡眠薬を飲ませて乱暴したとして、警視庁麻布署は27日、 準強制性交の疑いで、株式会社東京スミス代表取締役の本多有太容疑者を逮捕した。容疑を一部否認しているという。

 逮捕容疑は昨年8月26日夜、自身が経営するバー「Singles Bar GREEN」で女性会社員(35)に睡眠薬入りの酒を飲ませて昏睡(こんすい)状態にさせたうえ、 27日午前0時ごろ~同7時半ごろの間に女性の自宅で乱暴したとしている。

 同署によると、2人は昨年7月、唐澤貴洋が役員を務めるアプリ会社が制作したスマホの会員制婚活アプリを通じて知り合った。 この日初めて会い、午後9時半ごろから食事をしていたが、女性が席を立った隙に酒に睡眠薬を入れたという。

 本多容疑者は昨年9月23日にタイへ出国していたが、今月26日夜に帰国した際、捜査員が任意同行した。

https://archive.li/bVsV7

txti