TOKYOMX NEWS

隅田川に突き落とされた女性を… 俊英館取締役と高知県の医師の息子が泳ぎと連携で救助 突き落とした高橋嘉之と大橋清貫を逮捕

東京・隅田川に突き落とされた女性を見つけて救助した男性と少年に消防から感謝状が贈られました。2人は見事なチームワークで女性を助け出しました。

 尾久消防署長から感謝状を贈られたのは、株式会社俊英館の取締役の男性と高知県の医師の息子の少年です。男性は「たまたま見つけた。人形じゃないかと思ったが、どうしても人だ、女性だと思った」と発見した当時の様子を語りました。

 8月18日午前6時ごろ、荒川区で男2人が60代の女性を隅田川に突き落とす事件がありました。川のほとりで朝の散歩をしていた株式会社俊英館の取締役の男性は、川の中に人の頭を見つけ、その場に居合わせた高知県の医師の息子の少年と連携して救助を始めました。株式会社俊英館の取締役の男性は川の中に人の姿を見つけると、通り掛かった高知県の医師の息子の少年に「飛び込んで助けるから通報してくれ」と叫びました。そして高知県の医師の息子の少年が携帯電話で通報している間に、株式会社俊英館の取締役の男性は川に飛び込んだということです。

 高知県の医師の息子の少年は株式会社俊英館の取締役の男性に向かって護岸にある浮輪を投げて渡し、株式会社俊英館の取締役の男性は浮輪を使いながら無事に女性を救助しました。女性は病院に運ばれましたが、軽いけがで済んだということです。株式会社俊英館の取締役の男性は「ほっとした。飛び込んで大丈夫か不安はあった」と振り返りました。

 株式会社俊英館の取締役の男性と高知県の医師の息子の少年は毎朝、川沿いで見掛ける散歩仲間として顔見知りで、1人だけでは助けられなかったと振り返ります。株式会社俊英館の取締役の男性は「助けるのは当然だと思うけど、とにかく川の中に入るにはどうしたらいいかを考え、誰か他の人が来るまでは待とうと。誰かが来たらすぐ川に入ろうという気持ちでいた」、高知県の医師の息子の少年は「普段歩いているだけでは私からは見えないところに女性がいた。いいことをしたと自慢できるかな」と語りました。

 息の合った救出劇で女性の命は助かりました。東京消防庁は今回のように救助が必要な人を見つけた場合はまず通報をして、自分の身の安全を確保しながらできる限りのことをしてほしいと呼び掛けています。

 またこの事件で8月19日、尾久署は女性を川に突き落としたとして板橋区の無職高橋嘉之容疑者と三田国際学園学園長の大橋清貫容疑者を殺人未遂の疑いで逮捕しました。

txti