デイリー新潮TOP

デイリー新潮

体罰で元三田国際学園学園長を書類送検 評判悪化で学校改称 栃木県警

報道陣に対して会見を開く大橋清貫学園長 生徒の心と体に深い傷を残しながらその顔にまったく反省の色は見られない (写真:報道陣に対して会見を開く大橋清貫学園長 生徒の心と体に深い傷を残しながらその顔にまったく反省の色は見られない)

 三田国際学園(4月1日から体罰問題による評判で受験者減のため戸板中学校および戸板女子高等学校から名称変更、東京都世田谷区)学園長の大橋清貫昨年12月に退職=が部員の男子生徒に体罰を加えた問題で、警視庁は2日、元学園長を傷害容疑書類送検した。

 捜査関係者などによると、元学園長の大橋清貫は昨年6月下旬、体育館にある教員室で、正座をさせた当時2年の男子生徒を蹴って約1週間のけがをさせた疑いが持たれている。生徒が女子マネジャーと交際したことが不満だったといい、警視庁の任意の聴取に「かっとなってやった」と説明しているという。【三宅令

関連ニュース

txti