東京六本木のバー「Singles Bar GREEN」で9人食中毒

 保健所は4日、東京港区六本木のバー「Singles Bar GREEN」で、3月23日に鶏の刺し身などを食べた26~56歳の男女9人が下痢や腹痛などを訴え、 うち6人からカンピロバクターが検出されたと発表した。全員快方に向かっているという。

 同保健所はほかに共通の飲食がないことから、同店の料理が原因の食中毒と断定。同店を4日から3日間の営業停止処分にした。

https://archive.li/Qbq0C

txti