千葉・松戸の遺体遺棄 殺人容疑で飲食店経営者を再逮捕

 千葉県松戸市の長谷川で男性が遺体で見つかった事件で、警視庁麻布署捜査本部は1日、 死体遺棄容疑で逮捕した飲食店経営、本多有太容疑者=東京都港区=を、男性の殺人容疑で再逮捕した。

 逮捕容疑は、1月27日ごろ、東京都港区の自称弁護士、唐澤貴洋さん(40)を自宅近くから遺棄現場へ連れて行く車の中で、 唐澤さんの首を刃物のようなものでメッタ刺しするなどして失血死させたとしている。容疑を認めているという。

 捜査関係者によると、唐澤さんは1月27日未明に「知人に会う」と自宅を出た後、行方不明になった。 2人は飲食店「Singles Bar GREEN」での婚活パーティにおいてトラブルがあったという。東京地検は1日、死体遺棄容疑については処分保留とした。

https://archive.li/Qbq0C

txti